牧野枚方えびす祭は、枚方市内で唯一行われているえびす祭。

というわけで、12月20日は牧野を飛び出して枚方市内を訪問してきました。

まずは、枚方市の「市立枚方宿鍵屋資料館」さんへ。

3B6C0F27-49C6-4075-8977-A544C43E472B

「すごく、かわいい建物!」「私たち似合いすぎじゃないですか?」
福娘さんたちは大興奮。
鍵屋さんは、江戸時代、京街道の宿場町だった枚方市の歴史を学べる展示施設。と同時に、往事の旅の風情を楽しむことができるのです。


B0AA5C98-1422-4E79-82E6-28EDD5259A68
鍵屋資料館館長の辻他さんに、福娘お手製のミニ笹をお渡しし、えびす・大黒おみくじを引いていただきました。


92F52A26-4411-4994-9537-26629C25CC6C
向かって左が天川村の村長さん。ちょうど、枚方市に視察に来られていました。福のご縁ですね! 右が館長の辻他さん。「ぜひ、えびす祭りにもお越しください!」



71AD184D-3A85-48E3-BC96-8DE4DF407151
お優しい館長の辻他さんが、終始、私たちを気遣ってくださいました。

「本当に江戸時代の旅人になって、もてなされた気分でした!」


この訪問の模様は、鍵屋さんも書いてくださっています♡
http://hirakata-kanko.org/kagiya/diary/


そんな鍵屋さんのお隣にあるのが、「鍵屋別館」ビル。


そこには、あの、「ひらかたつーしん」編集部があるのです。

枚方市民なら誰もが知っているメディア「ひらつー」さんです。

牧野枚方えびす祭の福娘が公募になった年から、取材していただいているので、今年はこちらから突撃です!


さっそく、お囃子しながら鍵屋別館に。そのままひらかたつーしんさんにゴー。4E34F9A6-4C3A-43B6-B3C1-DCA4ADA9BC0F

あ、福娘さんや!?

居心地のよさげな、いい雰囲気のオフィスでお仕事中のひらつースタッフの皆様。


1A0D6C98-AC80-4D22-80AF-D6317962C214
ひとりずつ自己紹介させていただきました。




F7932C81-BB9D-4DA5-A819-C805D19E3328
代表取締役の原田さんに、おみくじ引いていただきました。

結果は、吉!

「商い」「恋愛」の項を原田さんが読み上げると、スタッフの皆さんからは笑いとツッコミが。

とっても良い雰囲気の会社です。

ちなみに、おみくじの良い順番は、大吉 吉 中吉 小吉 末吉 凶です。吉はとっても良いのです~。



AF6F7644-28EE-46C9-B062-D5FBCA5171C9
すてきなオフィスでみなさんのご多幸を願って大阪締めを執り行いましたら、


AC814B66-975A-4801-A549-3E15C8FACCC9
ひらつースタッフのみなさんが、拝んでくださいました!!

さすがひらつーさん。福娘がえびす様の福の使いであることをよくご存じ。


益々のひらつーさんのご盛栄、スタッフのみなさんのご健勝をお祈り申し上げます。

これからもおもしろくてためになる枚方の記事を、楽しみにしています。



DC1C9F95-2070-45C3-957D-40D82F270752
枚方公園駅から5分ほどのところにある鍵屋の通り。

「枚方市の歴史と、枚方市民の皆さんのあたたかい人柄を感じる街道ですね」

「映える景色がいっぱいです。またゆっくり来たいです」



枚方 牧野を福でいっぱいの町に。

1月9・10・11日は、片埜神社の「牧野枚方えびす祭」へぜひお参りください。

福娘さんによる縁起物の授与は朝10時~夜10時となります。


↓大阪の風物詩「えべっさん」初心者の方はこちらをお読みください

えびす祭・福娘さんって何?



牧野枚方えびす福娘実行委員会

(牧野愛する商店会×片埜神社 パートナーシッププロジェクト)